20年目の外壁塗装リフォーム体験談。

家を建てて20年目にしてやっと初めての外壁塗装のリフォームをしました。20年で初めての塗り替えというのはかなり遅く、実際外壁には様々な問題を抱え、「もうやるしかない」という状況まで来ていた挙句のリフォームになりました。
外壁を触ると指に白い粉がついてくるチョーキングや、一部の壁には腐食も見られ、「これ以上放っておくとホントにヤバいです。早く外壁塗装をすることをお勧めします」という業者さんの言葉もあり、住宅ローンに加えリフォームローンも抱えることになるのかという不安はありましたが、この先もこの家に住み続けていくことを考えると「今やっとかないと!」という気持ちになれました。
業者は家を建てた住宅メーカーを選びました。もっと安くできる業者はあったでしょうが、外壁の劣化がかなり進んでいることもあり、家のことを一番わかっているのは建てた住宅メーカーだろうし、保証や今後のメンテナンスのことを考えると、家全体でケアしてもらえる住宅メーカーが安心だと思ったからです。まぁ、「やっぱ高いな~」というのが正直な感想ではありましたけど…。
結果的には外壁塗装して、20年も経って古ぼけて見えた家が、ぱっと見新築の家のようになって、やってよかったと思えました。工事自体も特に問題なく、しっかりとした仕事をしてもらったと満足しています。安さだけで業者を選ぶのではなく、リフォーム後のことをよく考え、業者は選ぶべきだと思いました。