何年先も安心して任せられる相談相手選び

新築一戸建てを購入してから早8年がたちます。
まだまだリフォームなんて必要ないと思っていましたが、つい先日階段の壁紙が剥がれているのを見つけました。
1か所見つけると他も気になりだします。全部の部屋を見て回り最終的に3か所ほど気になる部分を見つけました。見つけたはいいものの誰に相談したらいいのか全く分かりませんでした。
そこでまずは、ネットでリフォームの会社の検索をしてみましたが、聞いたこともないような会社ばかりで結局決められません。
壁紙の剥がれている場所は階段上の方で、とても私たち素人に直せるような所ではありません。かといってお客様の目に付く場所なので、そのままにしておくのも気が引けます。
旦那に相談してみると、家を建てたときにお世話になったビルダーに相談してみたらどうかとなり、連絡を取ってみました。
家を建てたときに大変お世話になった営業マンの方に相談したらすぐお伺いします、とのことですぐに対応していただけました。
建ててからも約5年間程、定期的に家の様子を見にきてくださっていた会社の営業マンの方なので安心感もあり、とても相談しやすい状況でした。
もう無料で直してもらうわけにはいきませんでしたが、そのあとのリフォーム業者さんへの連絡などの細かい事はすべてお任せできたので良かったです。
家を建てるのをお願いしたビルダーが、きちんと私たちの地域に密着した経営を続けていることにとても感謝します。
何年経ってもこうして困った時に気軽に安心して相談出来るビルダーを選ぶという事はとても大切なことなんだと実感しました。
これから家を建てようとしている方はそういった点も注意して、きちんとしたビルダーを見極めることが大切だと思います。