内壁塗装の特徴と種類

インテリアの雰囲気が大きく影響する内壁塗装ですが、家をリフォームなどを行う場合は、重要なポイントだと思います。日本の気候や風土にも適応して一般的に調湿性や断熱性、防火性、防音性などに優れている特徴があります。最近では、多くのタイプの塗り壁の商品がメーカーから提案されているので、性能や成分などは多種多様と言えます。選ぶ際には、具体的な数値などで比較することも大切と言えます。種類としては、土もの、土壁や漆喰壁、なめらかな素材感が特徴の砂壁など多くありますが、塗り壁材には、多くのメーカーから、種類、素材が揃っています。特に自然素材といわれる商品は豊富になってきていますが、特徴や施工方法、必要な費用なども異なるので、用いる目的や空間目的、予算も含め早めに設計者に相談する事で、アドバイスなどを貰って、検討することが大切と言えます。内壁にも大理石や陶土などを用いたものや調湿機能を持つ火山灰を主成分にしたものなどもあり、国産だけでなく輸入品にも多いです。