家のバスの劣化と給湯器故障でリフォームを決意

水道管のあちこちにあるパッキンや管自体の腐食・劣化で水漏れも酷くなり、また頻繁に硫黄系の入浴剤を入れていた事もあって浴槽も変色が激しく、家もそろそろ本格的なリフォームが必要と感じ始めた頃、それを決意する出来事がありました。
長年何とか騙し騙し使い続けてきたガス給湯器がついに故障を起こしてしまい、それならいっその事お湯関連の全ての設備をリニューアルした方が良いと思ったのです。
正直本格的なリフォーム自体初めての経験であり不安は大きいもの。だからこそ築25年以上何とかここまで持たせてきたという事もあるのですが、せめて仕上がりや費用の明瞭さについては確証を持ちたく、結局大手リフォーム業者のサイトからやバスセットを選び、また大手ガス会社の営業所を訪れて適切な給湯器を選んで、期間を置かず連続でリフォーム施工を行ってもらう事になりました。
段取りとしては事前の下見と設置場所の検討、工期の見積もりから始まり、古い浴槽や水回り、壁材の撤去から新品の取り付け配水・配線までかなりの期間が掛かりましたが、覚悟を決め不安な部分を全て更新した結果、給湯とバスに関しては大きな安心感を得る事が出来ました。水漏れはかなりあったものの、家屋の材にまで腐食が及んでいなかったのは幸いでした。