屋根塗装のリフォームで選びたい塗料の特徴

住宅の屋根塗装で使用される塗料には、大きく分けてシリコン塗料とフッ素塗料、そして遮熱塗料と断熱塗料の4種類ほどがあります。
塗料の耐久性は値段と比例するところがあり、高価な塗料になるほど耐久性が上がる傾向があります。
一番値段が高い塗料はフッ素塗料と遮熱塗料そして断熱塗料の3種類があり、耐用年数は15年~20年を期待することが出来ます。
まずフッ素塗料の特徴は暑さにも寒さにも強くて、磨耗し難くて汚れ難い素材になっています。
そして遮熱塗料の特徴は、太陽光を反射して室内の温度の上昇を防ぐので、夏を涼しく過ごす事が出来るので、省エネに貢献してくれる塗料になり、施工費用を自治体が補助してくれます。
次に断熱塗料は断熱と遮熱の効果があり、夏に涼しいだけでなく冬には温かいので、省エネ効果が高くて一年中快適に過ごす事が出来る塗料になり、これも施工費用を自治体が補助してくれます。
次に値段が高い塗料はシリコン塗料となり、耐用年数は10年~13年になります。
特徴は紫外線に強くて汚れやカビなどに強く、耐熱性の高い塗料になり、コストパフォーマンスが良い塗料になります。

PR/生命保険の口コミ.COM お家の見直ししま専科 女性向けエステ.com 住宅リフォーム総合情報 英語上達の秘訣 内職 アルバイト 貯蓄 JALカード 家計見直しクラブ GetMoney